行定勲の嫁(妻)や出身高校・大学を調査!国籍や韓国人との関係とは?

こんにちは!

気になることはスッキリ解決したい
モヤモヤフリーな管理人・ミノるです♪

今回は大ヒット映画”セカチュー”こと
『世界の中心で、愛をさけぶ』でお馴染みの
映画監督・行定勲(ゆきさだ いさお)さん
について気になることをチェックしていきます。

すでにご結婚されているということなので、
多忙な映画監督を支える妻とはどんな女性なのか?

映画監督として成功された行定さんを輩出した
出身高校や大学がどこなのか?
って気になりますよねwww

そして行定勲監督について調べると
目に飛び込んだ”韓国人”というキーワード・・・

え?もしかして、行定監督って日本人じゃないの?
ってモヤモヤしちゃった管理人。

そんな疑問をスッキリ解決しちゃいたい~!
なんて思っていますので、
どうぞお時間の許す限り最後までご覧ください♪

スポンサーリンク


行定勲の嫁(妻)はどんな人?

日本アカデミー賞にも輝いた日本を代表する
映画監督として高い評価を得ている行定勲監督ですが、
そんな偉大な監督も
けして一人では乗り越えられない
心の痛みや苦しみがあったことでしょう。

しかし、そんなときに
彼の味方となって支えるお嫁さんの存在が、
今の行定監督を強く、逞しく活躍できるための
”縁の下の力持ち”
になっているのではないでしょうかwww

行定監督は24歳の時に
妻である現在の奥様との
ご結婚をなされているんだとか。

奥様についての情報は
公表されていないことから、
一般女性ではないかと推測されています。

映画の製作会社に入社して
技術と経験を積み上げていた頃の
行定監督と巡り合った奥様の目には、
ひたむきに夢を追いかけていた彼が
どんな男性に映ったんでしょうね♪

どんなことでも
夢中になっている時の男性って
絶対にキラキラと輝いていますよねwww

出身高校や大学はどこ?

熊本県熊本市出身の行定勲監督は、
小学生の時に訪れた熊本城で
アノ世界の巨匠と言われた
黒澤明監督の名作「影武者」を
撮影していた現場を見学した時、
人生を決めるほどの
運命的な衝撃を覚えたそうです。

そこから、
自身も映画を作る側の人間になりたい!
という強い信念を抱き続けて
地元の公立中学校、
そして県立第二高校を卒業した後に
映像系の専門学校に進学し、
在学中から制作会社にて技術と経験を
学び、積み重ねていったそうです。

幼い頃からの夢へ
文字通り”まっしぐら”
な学生時代を送っていった行定監督の
強い意志には関心しちゃいますね。

たしかに、
好きなことを仕事に出来ると考えたら、
ツラいことも乗り越えていける気持ちが
メチャ湧いてくるって思いませんか♪

大学への進学よりも、専門学校へ進学したのは
目標へ一目散に向かっていく行定監督の
強い気持ちが決めたことなのでは?

なんだかそう思えてしまいますねwww

スポンサーリンク


行定勲の国籍は日本なの?

行定勲監督について調べてみると、
”韓国人”という気になるキーワードを見かけました。

もしかしたら、
初めて「行定勲」という名前を見た人の中には、
”あれ?読み方がわからない”
となった方もいるのではないか?と思いました。

そんな方には、
行定監督が元々日本人ではないのかな?
って疑問を抱く方もいるのかもしれませんね。

しかしながら、
行定勲監督は間違いなく熊本県熊本市出身の
「ゆきさだ いさお」さんと読む、
生粋の日本人です♪

管理人も基本的に頭があまりよろしくないので、
特に人名の読み方に戸惑うことが
日常茶飯事だったりしますwww

初めての方の名前の
読み方がわからない時ってホントに困りますよね・・・。

韓国人との関係って何?

ではでは、気になる”韓国人”って
どんな意味があるのでしょうか?

行定勲監督と”韓国人”との関係について
スッキリと解決していきたいと思います。

その答えは
彼が一躍有名な監督になったキッカケにありました。

それは、行定勲監督が
第25回日本アカデミー賞や、
第44回ブルーリボン賞で数々の賞を獲得し、
大きな評価を得ることになった
2001年公開の映画「GO」だったのです。

窪塚洋介さん演じる日本生まれの主人公・杉原が
韓国人国籍を取得したことによって起きる
差別行為による様々な問題に注目した作品で、
大きな反響を得た作品でした。

つまり、行定監督が韓国人ではなく、
彼が映画監督としてブレイクするキッカケ
となった作品についてだったのです。

色々と考えさせられる映画
であることは間違いありません。

そこで映画「GO」のプレビュー動画をご紹介します。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

全編をご覧になりたい方はコチラからお求め頂けます。

まとめ

2010年にはベルリン映画祭でも
高い評価を得た行定勲監督。

間違いなく日本を代表する名監督であることは
誰もが異論を唱えることはないのでは?

小学生の時に抱いた夢を叶えて
映画監督になった彼を支える奥様と共に、
これからも私たち映画ファンの
心をギュッと掴む作品を楽しみにしていきたい
とガチで思う管理人でした♪

最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です